切手買取はあっという間

毎日毎日細かい発注書の処理が疲れます。 客先も工場で作って貰わなければならない商品を1枚とか5枚とか平気で発注・・・

このページの先頭へ