当選景品のお年玉切手

ハガキと封筒の中間のようなミニレターというものがあることを初めて知った。便せんを畳んで切手をくっつけたようなもので、値段はハガキと一緒だとか。ハガキの値段は今月から62円になったそうだけど、今まで一体いくらだったのか思い出せない。それくらいハガキは出さなくなった。年賀状とか買わなくなってだいぶ経つし。

年賀状といえば、当選景品のお年玉切手というのもしばらく見てない。お年玉切手どころか、そもそも年賀状自体あまり見ないような気もするけど、昔はお年玉切手を結構楽しみにしていたものだ。小学生のとき切手を集めていたのだ。

切手は小学1年生から集め始め、6年生の頃にはもうほとんどやめてしまった。当時(1970年代)は切手ブームというのがあって、記念切手の発売日などは朝から郵便局に行列が出来たほど。僕も記念切手の類をずいぶん集めた。また、外国の切手も使用済みのものが安く売っていて、結構持っていた。

コメントを残す

*

このページの先頭へ